学校給食食材の放射能濃度について|藤沢市

环亚娱乐亚洲最具

2018-10-20

1.検査機関:株式会社エヌイーサポート2.検出下限値は測定ごとに異なります。

3.内部被ばくの実効線量は、厚生労働省医薬局食品保健部監視安全課「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」により「不検出」の場合、セシウム134と137が検出下限値を測定値と仮定し計算しています。

4月(4月10日~4月27日)の検体は辻堂小学校の給食を採取しました。

5月(5月1日~5月31日)の検体は鵠洋小学校の給食を採取しました。 6月(6月1日~6月29日)の検体は片瀬小学校の給食を採取しました。

7月(7月2日~7月18日)の検体は大道小学校の給食を採取しました。 9月(9月5日~9月28日)の検体は秋葉台小学校の給食を採取します。 10月(10月1日~10月31日)の検体は八松小学校の給食を採取します。 3.検査予定品目(10月9日検査予定)毎週月曜日に、翌週以降に使用予定の食材を検査しております。 次回(10月9日)検査予定品目。